私の気持ち
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 一体どうなるの | main | バレーボール >>
気を使う
 今の生活を始めた頃、私は柄にも無く精神的に疲れてた。
一階に義父母が居ると思うと、歩く音にさえも気を使った。
いつも忍び足で、ドアの開け閉めも静かに、トイレにさえ行かなかった。
旦那が帰ってくる昼休みと夕方にトイレに駆け込む。
 お風呂に入るのもいつ入っていいものやら
毎日階段から一階を覗き込み電気が消えたのを確認して入っている。
 入っている時にドアを義母に開けられた事があり、それが嫌だし、
義弟は仕事から帰ってきたらすぐ
お風呂に入らないといけないみたいだから、
いつ帰ってくるかと気にしながらお風呂に入るのは嫌だ。
 洗濯だって、下着は触られたくも見られたくもないから
洗濯機の終了音が聞こえるようにドアの近くに居て、
音が鳴ればすぐ降りて行って自分で洗濯物を干すようにしている。
 一階から話声が聞こえてくると心臓がドキドキする。
いつ一階から声がかかって、呼び出されるのかとビクビクしていた。
呼び出されれば嫌でも降りて行き、義父母の話に調子を合わせ
気を使い、どっと疲れなければいけないから。
それは今でもそうだけど、初めはもっとひどかった。 
 しかも当初は、呼び出されれば必ず「結婚式の事はどうなってるんだ」
「自分の兄姉は絶対呼びたいんだ」とか、「ちゃんと式はしなさい」とか、
なぜか義母が式場のパンフレットを手配していたり。
式をしたくないし、するつもりが無い私には嫌な話題ばっかりだった。
 立場的に嫌とは言えないから、笑顔をつくり
「はい」とか「考えてみます」しか返事はできない。
必ず旦那が居ない時に呼びつけ私一人に話をしてくるんだ。
 嫌で嫌でたまらなかった。
一度旦那が義母に「俺が居ない時ばっかり話をするのは辞めてくれ。
あいつは嫌とは言えないんだから!」と言ってくれたらしい。
 それ以降義父母は呼び出しはするものの、式の話を全くしてこなくなった。

 義父母、特に義母にとって息子達は絶対的な存在のようだ。
たった一回注意されただけで、全くその話題には触れないんだから。
 未だに義父母揃って息子を「ちゃん」付けで呼び、
義弟が仕事休みの日は、ゆっくり寝させてあげるために、
起きてくるまで掃除機をかけないと言うくらいの義母だからねぇ。

私はずっとこういう生活を送るのです
 





Posted by : あい | 愚痴 | 10:25 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 10:25 | - | -| - |
コメント
何か私とにてる…?
私も疲れる…
何やかんや口出しされるし。
| とも | 2009/10/08 6:11 PM |

ともさんはじめまして。
環境似てますか?
この文章を書いた頃は少しは慣れてきてたんですが、始めはほんとに疲れてました。
こんな生活やっていけないって心底思ってた。
ともさんは今そういう状態ですか?大丈夫ですか?
| あい | 2009/10/08 9:15 PM |










この記事のトラックバックURL
http://calmthelight.jugem.jp/trackback/4
TOP